大嶋啓介とはどんな人ですか?

1974年、三重県桑名市生まれ。

2004年、居酒屋から日本を元気にすることを目的に
居酒屋 「てっぺん」を設立。

てっぺん独自の「公開朝礼」がテレビや雑誌等で取り上げられ、話題となり、
日本国内だけでなく韓国や台湾など、海外からも多くの方が「本気の朝礼」を見学に訪れている。
年間に約1万人もの方が「てっぺん」に朝礼見学に訪れる。
中学生や高校生が、修学旅行で朝礼の体験に来るようにもなっている。

2006年には居酒屋業界全体の活性化を目的に、NPO法人居酒屋甲子園を立ち上げ、初代理事長を務める。
2007年には、外食産業に最も影響を与えた人に贈られる「外食アワード」を受賞する。

「日本中に夢を広めたい」という熱い念いで企業・学校など全国で講演活動にも励み、活躍の場を大きく広げている。
また、北京オリンピックでは、女子のソフトボールのチームに、朝礼研修をおこない金メダルに貢献する。

2014年より自身の学びを多くの人に伝えたいという想いのもと「人間力大學」を開校する。

スポーツのメンタルにも力を入れており高校野球界では、
菊池雄星選手・大谷翔平選手の母校である花巻東高校も取り入れるなど
2015〜2016年にかけ24校にチーム強化研修をおこない、
福島県の聖光学院や、長崎の海星高校など、9校が甲子園に出場。
また、高校サッカーでは國學院久我山が全国準優勝を果たす。

企業講演だけでなく、学校講演を中心に、
日本中の子どもたちに夢を与えたいという思いで、全国に活動している。