【居酒屋を始めたきっかけ】

『出る杭は打たれる。
 出過ぎる杭は目印になる。』

おー*\(^o^)/*

出る杭は打ちにくいではなく、目印になる。

最高ー*\(^o^)/**\(^o^)/**\(^o^)/*

ということで、

25日の大阪が熱い(^-^)/

あのひすいさんも来まーす*\(^o^)/*

当日ドタ参加ありです*\(^o^)/*

https://www.facebook.com/events/448585135591617/?ti=cl

今日も素敵な質問をご紹介します♪

=====
大嶋さんが居酒屋をやるきっかけは何ですか!?
=====

はい♪

おじいちゃんとおばあちゃんの影響です♪

僕が9歳の時に、警察官だったお父さんが、
突然亡くなりました。

その後は、母が、
僕たち兄弟3人を食べさせるために、
朝から晩まで、働きにでていました。

本当に感謝です。

お父さんがいない。

お母さんも仕事でいないなか、
僕たち兄弟の親代わりになって、
いつもそばにいてくれたのは、
おじいちゃんとおばあちゃんでした。

おじいちゃんは、喫茶店を経営していて、
おばあちゃんは、銭湯を経営していました。

僕たち兄弟は、毎日、朝は、
おじいちゃんの喫茶店でめちゃくちゃおいしいトーストを食べて、
夜は、おばあちゃんの銭湯で大きなお風呂に入っていました。

とにかく、おじいちゃんもおばあちゃんも、
毎日、楽しそうでした。

おじいちゃんのつくるコーヒーが大好きで、
毎日来てくれる近所の人たち。

銭湯の番台で、店中に響きわたるくらい、
大きな笑い声で、楽しそうにおしゃべりしているおばあちゃん。

僕は、そんな二人の姿をみて、
将来は、おじいちゃんやおばあちゃんのように、
たくさんの人から愛され、たくさんの人が集うお店がしたいと思うようになりました。

何度か、将来の道を迷ったとき、
いつもおじいちゃんが、

「お前が本当にやりたいことをやればいい。」

と、背中を押してくれました。

「おじいちゃんのように、
 人から愛される店をやりたい。」

と、おじいちゃんに言ったとき、
涙をこらえながら、めちゃくちゃうれしそうな顔をしてくれたおじいちゃん。

東京に、てっぺんの一号店がオープンするとき、
足が痛いのに車椅子で、三重県から、
誰よりも一番早く店に来てくれたおじいちゃん。

おじいちゃんとおばあちゃんを喜ばせたかった。

「啓介がんばってるな。」

って言われたかった。

僕が、今あるのは、
おじいちゃんとおばあちゃんから、
たくさんの愛を受けてきたからです。

そして、
おじいちゃんとおばあちゃんの

『楽しそうに仕事をしている姿』が、

僕の居酒屋の原点です。

素敵な質問ありがとうございます。

おかげで、
原点にかえることができました。

よっしゃー♪♪

気合い入れて、全力で行ってきまーす♪♪

11月講演情報♪♪

25日【大阪】コラボイベント
https://www.facebook.com/events/448585135591617/?ti=cl

27日【八王子】出版記念講演会
https://peraichi.com/landing_pages/view/yoshuku802

28日【札幌】一般講演
https://www.facebook.com/events/342153496563707/

29日【青森】一般講演
https://www.facebook.com/events/572201443182832/

■大嶋啓介 youtubeチャンネル登録はこちら
https://goo.gl/zAHtNK

■大嶋啓介 講演最新情報
http://oshimakeisuke.com/seminar/

■メルマガ 大嶋啓介人間力の磨き方
http://temperament-ex.com/Lo8540/13242

■LINE@
https://line.me/R/ti/p/%40jaq8902s

■大嶋啓介とは
http://oshimakeisuke.com/

■Facebook
http://urx2.nu/ETTr

■アメーバブログ
http://ameblo.jp/k-teppen/

■ツイッター
https://twitter.com/teppen_ooshima

■講話・研修依頼・お問い合わせ
http://oshimakeisuke.com/profile/request/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です