【仲間の可能性を信じていますか?】

今日もワクワクいきましょう♪♪

『困難は、
 逃げようとする人には、恐怖となり、
 立ち向かう人には、感動となる』福島先生

今日は、ある方の素敵な体験談をご紹介します

=====

おはようございます。

大嶋さん、
私の先日お話した体験談を送ります。

派遣社員の彼女はいつも心を閉ざしていて無表情、
自ら発言するようなことはありません。

朝礼で私が社員(約30名)の前に立ち、
気合いのメッセージを送っても、
特に反応することもありません。

笑顔になってもらおうと
話しかけても苦笑いが返ってくるだけ。

彼女と交わした会話で覚えているのは、
唯一、私が彼女に誤ってメールを送った時のこと。

「(彼女)メール間違って私に届いています。」

「(私)あ、すみませんでした。」

これだけ。

「どうせ言ったって分からないからな。まあ、いいか。」
私は彼女をそんな風に見ていました。

そんな中、会社の業績が思わしくないため、

先月末で派遣社員の彼女には退職していただくことになりました。
彼女の最終出社日。

夕方近く、彼女は社員一人一人のデスクを回り
お別れのあいさつを始めました。

彼女の手には葉書が・・・・

れは彼女が描いた全社員の似顔絵、
そしてその裏には
一人一人に対するメッセージが
びっしり書かれていたのです。

私には以下のような
メッセージが書かれていました。

・・・・・

「◯◯さんのお言葉は、とても力強く、
  魂がこもっていて、
 本当に毎日仕事をするやりがいと、
 勇気、それから元気をいただいておりました。

毎日新しい発見や学ぶことがたくさんあり、
 充実した日々を送ることができました。

 本当に感謝の気持ちで一杯です。

 新天地へ旅立っても、
 いただいた言葉の数々、決して忘れはしません。

 この会社で仕事ができて、とても幸せでした。」

・・・・・

そして最後に彼女は終礼でのあいさつで
号泣しながら社員への感謝を伝えたのです。

私は、心が爆発しそうになりました。

彼女は、「心を閉ざした社員」と
私が勝手に色眼鏡で見ていただけで、
実は、誰よりもこの会社を愛していた方だったんです!

誰よりも私の発言を心に止めていてくれてたんです!

無表情だったり、苦笑いだったりしたのは、
彼女がただ「シャイ」なだけだったんです!

私はなんてバカな男だったのだろう。

先入観、思い込み、思い上がり。

私は会社でリーダー的な役割を担っていますが、
彼女は私にとって紛れも無くリーダーです。

素直になること、
全ての人から学ぼうとする姿勢、
感謝の気持ちを伝えること、
彼女から多くのことを学びました。

彼女が去って数日が経ってしまいましたが、
今日、私は彼女に電話しました。

心から謝りました、

そして心から感謝しました。

必ず業績を向上させるから
また彼女に帰って来てもらいたいと告げました。

彼女は僕に夢を語ってくれました。

将来起業したいと。

僕は彼女の夢を一生応援することを約束しました。

大嶋さん、ありがとうございます!

=====

ありがとうございます。

先入観

思い込み

僕も同じような経験がありました。

僕が「ダメな人間だ。」と思っていたメンバーが、

大活躍しています。

てっぺんを創業してから、
一つだけ自信を持って言えることがあります。

それは

ダメな人なんていない。

可能性のない人なんていない。

ということです。

だから、これからも一生、
自分を信じて、仲間の可能性を信じていきます。

『新しい人との出逢いは、

 新しい自分との出逢い』

今日もワクワク全開

おもいっきり

楽しんでいきます♪♪

◾️大嶋啓介 youtubeチャンネル登録はこちら
https://goo.gl/zAHtNK

◾️大嶋啓介 講演最新情報
http://oshimakeisuke.com/seminar/

◾️メルマガ 大嶋啓介人間力の磨き方
http://temperament-ex.com/Lo8540/13242

◾️LINE@
https://line.me/R/ti/p/%40jaq8902s

◾️大嶋啓介とは
http://oshimakeisuke.com/

◾️Facebook
http://urx2.nu/ETTr

◾️アメーバブログ
http://ameblo.jp/k-teppen/

◾️ツイッター
https://twitter.com/teppen_ooshima

◾️講話・研修依頼・お問い合わせ
http://oshimakeisuke.com/profile/request/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です